瑠璃骨壺 るりこつつぼ

その他の画像全15枚中15枚表示

考古資料 / 飛鳥 / 奈良県 

出土地:奈良県宇陀市榛原区八滝 文祢麻呂墓出土
飛鳥時代・慶雲4年(707)
ガラス製
1合
国宝

文祢麻呂は渡来系氏族の西文氏(かわちのふみうじ)の出身で『日本書紀』や『続日本紀』に登場します。壬申の乱で大海人皇子(後の天武天皇)の挙兵に加わり功績を上げ、従四位下まで昇進しました(没後に正四位上)。当時稀少だったガラス製の骨蔵器、事績が刻まれた墓誌など、お墓の出土品から生前の栄達が窺えます。

作品所在地の地図

関連リンク

瑠璃骨壺チェックした作品をもとに関連する作品を探す

文祢麻呂墓誌
骨蔵器
文祢麻呂墓誌および函
墓誌・骨蔵器(奈良県佐井寺僧道薬墓出土)
宇治宿祢墓出土品 骨蔵器
ページトップへ