山水図 さんすいず

絵画 

伝周文筆、竺雲等連賛
室町時代・京徳4(1455)
紙本墨画淡彩
縦93.9 横34.0
1幅
銘文:享徳四祀乙亥暮春十有六日前南禅竺雲等連書于万年鹿苑 ; 「等連」(白文方印)、「竺雲」(白文方印) ; 「周文真山水」(墨書) ; 「山水 周文筆  探幽・洞雲・養朴外題」(墨書)
重要文化財

乾いた筆致による、「枯淡」という言葉がぴったりな山水図。高く山がそびえる中国風の情景ですが、この絵を見た禅僧・竺雲等連は、故郷の清見関(静岡県)を思い出すと賛に記しています。橋や前方の道を歩く人物たちは、楼閣内にいる友人を訪ねるようです。
@ひっち@こたん@じくうんとうれん@きよみがせき@さん@ろうかく

作品所在地の地図

関連リンク

山水図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

山水図
山水図

伝周文筆、竺雲等連賛

竹斎読書図
竹斎読書図

伝周文筆 文安4年(1447)竺雲等連序・江西龍派等五僧題詩

山水図(水色巒光図)
山水図(水色巒光図)

伝周文筆、江西龍派賛、信忠以篤賛、心田清播賛、

山水図  
山水図  

高先景照

紙本淡彩江山夕陽図 性智等十二僧ノ賛アリ
ページトップへ