論語集註草稿 ロンゴシュウチュウソウコウ

その他の画像全28枚中16枚表示

 / 中国 

制作地:中国
縦:27.6cm 横:14.2cm
2帖

朱熹(しゅき:1130~1200)は、南宋時代の思想家で、字は元晦(げんか)または仲(ちゅう)晦、号は晦庵(あん)、別号は紫陽(しよう)という。 いずれも顔淵(がんえん)篇の一部で、第一帖は8紙、第二帖は29紙から成り、本文と註が行草体で書写されている。草稿本だけに朱熹の筆使いが生々しく伝わり、書道史に云うに及ばず、その思想を知る上でも実に貴重な遺品。

作品所在地の地図

関連リンク

論語集註草稿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

論語集註草稿残稿
草書尺牘巻
草書尺牘巻

朱熹筆

周防内侍集〈藤原俊成筆/〉
成尋阿闍梨母集
和漢朗詠集巻下断簡〈帝王(唐紙)/藤原定信筆〉
ページトップへ