太刀 銘 正恒 附 菊桐紋散糸巻太刀拵

その他の画像全4枚中4枚表示

その他 / 江戸 

江戸時代・18世紀
1口

 槍は長い柄の先に身をつけた刺突用の武器。鎌倉末期から用いられ、室町から江戸時代を通じて盛んに製作された。この槍は断面が三角形の平三角の大身の槍で、尖った互の目乱れ刃を焼く。忠光は室町時代中期から末期にかけて長船鍛冶を代表する刀工である。

作品所在地の地図

関連リンク

太刀 銘 正恒 附 菊桐紋散糸巻太刀拵チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀 銘 真光 附糸巻太刀拵
太刀 銘 康光
小太刀〈銘国宗/〉
太刀〈銘三条(名物三日月宗近)/〉
太刀〈銘安綱(名物童子切安綱)/〉
ページトップへ