Itomaki-no-tachi Style Sword Mounting, With chrysanthemum and paulownia crests on nashiji laquer ground

Details

Itomaki-no-tachi Style Sword Mounting, With chrysanthemum and paulownia crests on nashiji laquer ground

others / Edo

Edo period, 18th century

1口

 槍は長い柄の先に身をつけた刺突用の武器。鎌倉末期から用いられ、室町から江戸時代を通じて盛んに製作された。この槍は断面が三角形の平三角の大身の槍で、尖った互の目乱れ刃を焼く。忠光は室町時代中期から末期にかけて長船鍛冶を代表する刀工である。

Related Works

Search items related to work chosen