文化遺産オンライン

経石

きょうせき

作品概要

経石

きょうせき

/ 室町 / 兵庫県

出土地:兵庫県宍粟市山崎町 上ノ上経塚出土

室町時代・16世紀

石製 墨書

最大 長9.3 幅4.0 厚さ2.1

47個

小石に経文を記し、土中に埋めて追善や祈願を行う。一つの石に一文字を記した一字一石経と、多数の文字を記した多字一石経がある。石は扁平で厚みの少ないものが多い。ときには十数万個がまとまって発見される。平安時代後期より江戸時代まで広く行われた。(B-2128経石と共通)

経石をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / Text / 出土

関連作品

チェックした関連作品の検索