文化遺産オンライン

浜松図屏風

はままつずびょうぶ

作品概要

浜松図屏風

はままつずびょうぶ

絵画 / 室町

室町時代・16世紀

紙本着色

各106.0x312.0

6曲1双

重要文化財

金の切箔(きりはく)を敷き詰めた輝く洲浜(すはま)では、向って右から左へと四季が移(うつ)ろい、その間を鳥たちが生き生きと飛び交い、さえずっている。遠方の浜辺では、漁や狩をする人々が遠望され、随所にたなびく金雲が、本作品の詩的な情趣を高めている。

浜松図屏風をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

屏風 / / /

関連作品

チェックした関連作品の検索