文化遺産オンライン

漁夫

ぎょふ

作品概要

漁夫

ぎょふ

絵画 / 大正 / 昭和以降

川村清雄筆

大正~昭和時代・20世紀

厚紙・油彩

34.0×22.0

1面

幕臣の子として生まれた川村は、早くにフランス、イタリアで本格的な油画を学び、近代洋画史に、孤高の存在感を示す。題材や筆致に日本画的な傾向を深め、漆絵的な質感をあらわしたり、板絵の素材を生かした作品を描くなど、油画を日本化した一面をみせる。

漁夫をもっと見る

川村清雄筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

洋画 / / 清雄 / 川村

関連作品

チェックした関連作品の検索