文化遺産オンライン

後藤家住宅土蔵

ごとうけじゅうたくどぞう

作品概要

後藤家住宅土蔵

ごとうけじゅうたくどぞう

住居建築 / 中部

岐阜県

江戸/1830~1868

土蔵造2階建、瓦葺、建築面積40㎡

1棟

岐阜県岐阜市芥見一丁目48

登録年月日:20210204

登録有形文化財(建造物)

主屋の南、旧郵便局舎の西に建つ東西棟の家財蔵で、切妻造の桟瓦葺である。北面の下屋の東妻に出入口を設ける。外壁は白漆喰塗で腰を波形鉄板張とする。軒裏と螻羽は漆喰で塗り込める。小屋組は太い牛梁に登梁を架ける。濃尾地震以前の景観を伝える。

後藤家住宅土蔵をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

岐阜 / 土蔵 / / 漆喰

関連作品

チェックした関連作品の検索