文化遺産オンライン

埴輪 犬

はにわ いぬ

作品概要

埴輪 犬

はにわ いぬ

考古資料 / 古墳 / 群馬県

出土地:群馬県伊勢崎市大字境上武士字天神山出土

古墳時代・6世紀

土製

高47.1 長52.5 重量7.9kg

1個

 犬は縄文時代から狩のパートナーとして人間との長い付き合いがある。古墳時代には人物埴輪の登場と同時期に、狩の対象である猪や鹿の埴輪とともに造形される。首輪をつけ舌を出した姿は、犬の愛くるしさと狩での息遣いを的確に表していると思われる。   

埴輪 犬をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

伊勢崎 / 埴輪 / Gunma / 古墳

関連作品

チェックした関連作品の検索