Tokyoshieinoriaijidosha(entarobasu)

東京市営乗合自動車(円太郎バス)

Details

Tokyoshieinoriaijidosha(entarobasu)

東京市営乗合自動車(円太郎バス)

その他 / 大正 / 関東

大正

1両

重文指定年月日:20200930
国宝指定年月日:
登録年月日:

東京都

国宝・重要文化財(美術品)

円太郎バスは、大正十二年(一九二三)九月の関東大震災で被災した路面電車の代替交通手段として、東京市が初めて運行した公営乗合自動車である。市は、当初乗用自動車の購入も検討したが、高額であったため、比較的安価な貨物用トラックを購入し、車台上の荷台を客室に変えて乗合自動車の代用とした。市は、米国フォード社製のT型フォード・一トントラック八〇〇台分の車台と客室の部材を緊急輸入し、同社日本総代理店のセール・フレーザー株式会社横浜工場にてこれを組み立て、翌一月より運行した。
 円太郎バスの乗り心地は市民には不評で、明治初年の馬車鉄道の通称「円太郎馬車」をもじり、「円太郎」、「円太郎自動車」と揶揄された。区間制の運賃は割高であり、事故も多く、一時期乗客離れが進んだが、客室にスプリングを入れたり、カーテンをつけるなど乗り心地の改良につとめた。また、運賃徴収・乗車券販売などの業務を担う女性車掌の配置など、後に続く乗合自動車事業の職員体制の基礎をつくった。
 大正十四年、東京石川島造船所が英国ウーズレー社から自動車製造権を取得して製造した、国産第一号の乗合自動車である一九二四年式ウーズレーCP型が東京市営乗合自動車の車輌に採用され、円太郎バスはは漸次廃棄された。
 本車輌は、大正十三年七月以降に廃車となった後、同十月に肢体不自由児療護教育施設柏学園が購入し、同学園において園児の遠足等に使用された。昭和三十年に旧・交通博物館(東京都千代田区)に寄贈された。その後、鉄道博物館(埼玉県さいたま市)を経て、令和二年に東京都の所有に帰した。
 車台は鋼材による梯子形フ…

Related Works

Search items related to work chosen