文化遺産オンライン

妙覚寺の紙本着色仏涅槃図

みょうかくじのかみほんちゃくしょくぶつねはんず

作品概要

妙覚寺の紙本着色仏涅槃図

みょうかくじのかみほんちゃくしょくぶつねはんず

その他 / 江戸 / 九州

狩野信周

佐賀県

江戸時代中期(享保6年寄進)/1721年寄進

掛幅装

本紙 竪2250㎜×横2170㎜
表装 竪2800㎜×横2280㎜

1幅

佐賀県多久市多久町1975番地

多久市指定
指定年月日:20210412

宗教法人妙覚寺

有形文化財(美術工芸品)

令和3年2月多久市に資料寄託、以降は多久市郷土資料館に収蔵。
市内には他に、多久家絵師御厨夏園筆による正善寺の紙本着色仏涅槃図(元禄15年寄進、S.53市指定)が所在。夏園は、信周の父で多久家家臣狩野文周に画を学び、多久聖廟の天井画を描いた。

妙覚寺の紙本着色仏涅槃図をもっと見る

狩野信周をもっと見る

地方指定文化財データベースをもっと見る

キーワード

多久 / 佐賀 / 鍋島 / 聖廟

関連作品

チェックした関連作品の検索