Nabeshimakatsushigezo

鍋島勝茂像

Details

Nabeshimakatsushigezo

鍋島勝茂像

絵画 / 日本画 / 江戸 / 日本 / 九州 / 佐賀県

寛文元年/1661年

絹本墨画 掛幅装

竪94.4cm 横45.4cm

1幅

佐賀県佐賀市松原2丁目5-22

公益財団法人鍋島報效会

初代鍋島勝茂(1580-1657)の肖像画で、四位以上の大礼服である束帯姿。冠は有文の羅、袍は黒で裾を着け、手には木笏を持つ。箱書に「奉寄進 泰盛院殿御影一幅 恵日山高傳禅寺常住 寛文元辛丑年十月吉日 性空院」とある。性空院は勝茂の嫡女伊勢菊(1620-1680)のことで、多久長門安順の養女にして神代常利(親類)に嫁す。大正14年高伝寺返納品の一つ。なお、鍋島勝茂肖像画はほかに高伝寺に1点、当会に2点ある。

Search by Nabeshimakatsushigezo

Search by 徴古館

Keywords

/ / 中国 /

Related Works

Search items related to work chosen