鍋島勝茂像 なべしまかつしげぞう

その他の画像全3枚中3枚表示

絵画  日本画 / 江戸 / 日本  九州  佐賀県 

寛文元年/1661年
絹本墨画 掛幅装
竪94.4cm 横45.4cm
1幅
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

初代鍋島勝茂(1580-1657)の肖像画で、四位以上の大礼服である束帯姿。冠は有文の羅、袍は黒で裾を着け、手には木笏を持つ。箱書に「奉寄進 泰盛院殿御影一幅 恵日山高傳禅寺常住 寛文元辛丑年十月吉日 性空院」とある。性空院は勝茂の嫡女伊勢菊(1620-1680)のことで、多久長門安順の養女にして神代常利(親類)に嫁す。大正14年高伝寺返納品の一つ。なお、鍋島勝茂肖像画はほかに高伝寺に1点、当会に2点ある。

作品所在地の地図

関連リンク

鍋島勝茂像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

神代直長宛て鍋島勝茂覚
勝茂公其外様短冊
勝茂公其外様短冊

初代佐賀藩主鍋島勝茂ら

青磁獅子紐三足香炉
井戸大茶碗
寛永五年惣着到
ページトップへ