瑜伽師地論巻第二十一(行信願経) ユガシジロンカンダイ21(ギョウシンガンキョウ)

その他の画像全3枚中3枚表示

 / 奈良 

制作地:日本
奈良
紙本墨書
縦 26 cm 横 962 cm
1巻
銘文:「法隆寺一切経」の黒印あり 神護景雲元年九月五日 行信願経 行信の発願文あり
重要文化財

法隆寺の修造に尽力した行信(?1750)の発願による写経の遺品。行信が途中で死没したため、弟子の孝仁等がその志を継いで、功をなし終えたことが奥書より知られる。紀年の「神護景雲元」年(767)が「天平神護三」年の上に書き改めて書かれたのは、この年の八月十六日に改元となったからである。料紙は黄麻紙。

作品所在地の地図

関連リンク

瑜伽師地論巻第二十一(行信願経)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

十誦律第四誦巻第二十五(称徳天皇御願経)
瑜伽師地論 巻第八十九(舎人国足願経)
続高僧伝巻第二十八(光明皇后御願経・五月一日経)
虚空孕菩薩経巻下(光明皇后御願経・五月一日経)
大威徳陀羅尼経巻第十五(光明皇后御願経・五月一日経)
ページトップへ