文化遺産オンライン

挹芳園

ゆうほうえん

作品概要

挹芳園

ゆうほうえん

大正

黒田清輝筆

大正12年(1923)

板・油彩

25.4×33.4

1面

挹芳園は麻布笄町の黒田家別邸の庭の名で、養父清綱の命名による。作品の裏面に「挹芳園大正十二年」の記入がある。大正12(1923)年7月、黒田は平河町の家から麻布笄町の別邸へ移り、その年末に狭心症の発作にみまわれている。完成した作品としては最後のものである。

挹芳園をもっと見る

黒田清輝筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

黒田 / 清輝 / せいき / くろだ

関連作品

チェックした関連作品の検索