梅林

絵画  油彩画 / 大正 / 日本 

黒田清輝
くろだせいき
1924年
油彩・板
25.9 x 34.8cm

大正12(1923)年末に黒田は宮内省に出勤中、狭心症でたおれ、翌年春小康をえて箱根に静養、5月下旬帰京、7月15日歿したが、春、小康をえたころは麻布笄町の別邸の離れが病室にあてられていた。この作品はそこから庭を見て描いたものと思われる。筆致はわずかで、ペインティング・ナイフを用いて描かれているが、一種異様な雰囲気をもち、観る者にさまざまな最後の黒田像を思いおこさせる、絶筆となった作品である。

作品所在地の地図

関連リンク

梅林チェックした作品をもとに関連する作品を探す

梅林
梅林

黒田清輝筆

ゆう芳園
ゆう芳園

黒田清輝

挹芳園
挹芳園

黒田清輝筆

稲荷神社
稲荷神社

黒田清輝

林

黒田清輝

ページトップへ