文化遺産オンライン

琴棋書画図襖

キンキショガズフスマ

概要

琴棋書画図襖

キンキショガズフスマ

絵画

8面

重要文化財

 現存する養徳院障壁画のうち、最も古い面の一つである。主題の「琴棋書画図」とは、弾琴と囲碁、書画という文人の四芸のたしなみを描いたもの。右側四面には春らしい松や梅、左側四面の左端には雪山が描かれており、四季の移ろいもイメージされているのだろう。  作者や制作期に関する記録はないが、延徳二年(一四九〇)頃に当時の室町幕府周辺で活躍していた絵師、宗継が描いた別室の襖絵(山水図)とは筆づかいが似、他の宗継の現存作と比較しても彼の作と判断できる。リタッチや改変も少なくないが、八面をつらねた場面長で、養徳院障壁画を代表する一図である。

琴棋書画図襖をもっと見る

京都国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 障壁 / 山水 /

関連作品

チェックした関連作品の検索