文化遺産オンライン

耕作図屏風

コウサクズビョウブ

作品概要

耕作図屏風

コウサクズビョウブ

絵画

縦:156cm 横:350.6cm

6曲1隻

狩野派の二代目・元信(もとのぶ 1477~1559)の印を捺すもので、稲刈りから入倉(にっそう)までの米作りの様子があらわされている。もとは種籾浸(たねもみびた)しから田植えまでの情景を右隻に描く一双屏風の左隻分であったものであろう。諸景物は伝梁楷(りょうかい)筆「耕織図巻」からの借用だが、破綻のない構成と堅実な筆遣いに専門絵師集団・狩野派の技量の高さが見て取れよう。

耕作図屏風をもっと見る

京都国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 屏風 / 金地 /

関連作品

チェックした関連作品の検索