文化遺産オンライン

丸岡家住宅表門

まるおかけじゅうたくおもてもん

作品概要

丸岡家住宅表門

まるおかけじゅうたくおもてもん

住居建築 / 大正 / 中国・四国

香川県

大正/1919~1926

木造、瓦葺、間口1.7m

1棟

香川県三豊市三野町下高瀬字乙井533-1

登録年月日:20221031

登録有形文化財(建造物)

旧下高瀬村中心部の通りに開く商家の袖塀付薬医門。寄棟造桟瓦葺で軒先銅板葺とし、軒は扇垂木に木舞打で格天井を設け、門扉鏡板は欅の一枚板とする。袖塀は桟瓦葺で懸魚で飾り、黒漆喰壁で腰を石張風の洗出し仕上とする。隣接の洋風店舗と好対照の和風意匠。

丸岡家住宅表門をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

/ / 瓦葺 / 香川

関連作品

チェックした関連作品の検索