文化遺産オンライン

籬菊蒔絵小鼓胴

マガキニキクマキエコツヅミドウ

作品概要

籬菊蒔絵小鼓胴

マガキニキクマキエコツヅミドウ

漆工

口径:10.2cm 長:25.4cm

1挺

能や狂言に用いる打楽器の胴部分。この両端に皮を張った鉄輪(かなわ)を当てがい、麻紐で縛って使う。外側を黒漆で塗り、金粉を平らに蒔きつける平蒔絵(ひらまきえ)やパール塗装風に蒔きつける絵梨地(えなしじ)、その上にさらに蒔絵をする付描(つけがき)などの技法を用いて、竹を組んだ垣根と菊を描く。乳袋(ちぶくろ)内に墨書があるが読めない。能を嗜んだ寄贈者の愛用品だった。

籬菊蒔絵小鼓胴をもっと見る

京都国立博物館をもっと見る

キーワード

蒔絵 / 蒔く / / 梨地

関連作品

チェックした関連作品の検索