中空土偶 ちゅうくうどぐう

考古資料 / 縄文 / 青森県 

出土地:伝青森県つがる市木造亀ヶ岡
前20~前10世紀 縄文時代
高12.5 幅18.0 奥行5.1
1点

縄文時代後期の東北地方を中心に分布する土偶。乳房の貼瘤や襷状の磨消縄文(無文部と縄文部を沈線によって区画する文様)は同時期の土器に見られる文様で、その表現を上手く取り入れて製作されている。この時期の土偶は、本品や北海道著保内野遺跡出土の中空土偶(国宝、函館市教育委員会所蔵)のように土器製作技術を用いて中空に作られ、大型化するものがある。なお、本品の後頭部には焼成時の破損防止のため、横長の長方形の孔が穿たれている。X線CTで観察したところ、この孔の少し下部に粘土で塞がれた円形の孔がみられ、破損防止用の孔が焼成前に作り変えられていることが判明した。

作品所在地の地図

関連リンク

中空土偶チェックした作品をもとに関連する作品を探す

長胴異形壺形土器
四脚付鉢形土器
深鉢形土器
皿形土器
台付二枚貝形土器
ページトップへ