Deep Bowl

Details

Deep Bowl

Archaeology / Jomon / Chiba

Place excavated:Excavated from Yoyama shell mound, Choshi-shi, Chiba

Jomon period, 2000-1000 B.C

土製

1個

口縁部が外傾する小型の深鉢形土器であり、南関東東部縄文時代後期の曽谷式と呼ばれるものである。口縁部に二条の隆帯をめぐらし、豆粒状の貼瘤を6個つける。くびれ部は隆帯で区画して、胴部には横方向の条線文を施している。ルビ:そや、りゅうたい、とうりゅうじょう、はりこぶ、じょうせんもん

Search by Deep Bowl

Search by Tokyo National Museum

Keywords

縄文 / 土器 / Jomon / 鉢形

Related Works

Search items related to work chosen