文化遺産オンライン

深鉢形土器

ふかばちがたどき

作品概要

深鉢形土器

ふかばちがたどき

考古資料 / 縄文 / 千葉県

出土地:千葉県銚子市 余山貝塚出土

縄文時代(後期)・前2000~前1000年

土製

1個

口縁部が外傾する小型の深鉢形土器であり、南関東東部縄文時代後期の曽谷式と呼ばれるものである。口縁部に二条の隆帯をめぐらし、豆粒状の貼瘤を6個つける。くびれ部は隆帯で区画して、胴部には横方向の条線文を施している。ルビ:そや、りゅうたい、とうりゅうじょう、はりこぶ、じょうせんもん

深鉢形土器をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

土器 / 縄文 / / 鉢形

関連作品

チェックした関連作品の検索