文化遺産オンライン

浄楽寺本堂

じょうらくじほんどう

概要

浄楽寺本堂

じょうらくじほんどう

宗教建築 / 明治 / 近畿 / 奈良県

奈良県

明治/1887

木造平屋建、瓦葺、建築面積115㎡

1棟

奈良県橿原市中町279

登録年月日:20230227

浄楽寺

登録有形文化財(建造物)

耳成山北方の農村集落中央に所在する浄土真宗寺院の本堂。入母屋造平入本瓦葺、向拝を付し、正面側三方に縁を巡らす外陣、左右余間を配す内陣からなる後門形式平面。多武峰妙楽寺輪蔵の部材を購入して建て、礎盤等は転用が明らか。神仏分離の時代を物語る。

浄楽寺本堂をもっと見る

国指定文化財等データベース(文化庁)をもっと見る

キーワード

本堂 / 外陣 / 内陣 /

関連作品

チェックした関連作品の検索