文化遺産オンライン

『三遊亭圓朝演述 牡丹燈篭 全』 口絵

さんゆうていえんちょうえんじゅつ ぼたんどうろう ぜん くちえ

概要

『三遊亭圓朝演述 牡丹燈篭 全』 口絵

さんゆうていえんちょうえんじゅつ ぼたんどうろう ぜん くちえ

木版画 / 明治

長谷川竹葉

はせがわちくよう

明治19年7月(五版)/1886年7月(五版)

木版

請求番号:H2-4/61

主要登場人物のお露や新三郎らを描く。お露は文金高島田で髪を結い、華やかな着物を着ており、彼女の美しさを強調する描写がされる。竹葉は三代豊国(初代国貞)の弟子で主に開化絵を手掛けていたとされるが、詳細は明らかにされていない。

『三遊亭圓朝演述 牡丹燈篭 全』 口絵をもっと見る

長谷川竹葉をもっと見る

国立劇場をもっと見る

キーワード

口絵 / 国貞 / くちい / 豊国

関連作品

チェックした関連作品の検索