文化遺産オンライン

須恵器 脚付長頸壺

すえき きゃくつきちょうけいこ

作品概要

須恵器 脚付長頸壺

すえき きゃくつきちょうけいこ

考古資料 / 古墳 / 三重県

出土地:三重県鳥羽市 蟹穴古墳出土

古墳時代・7世紀

土製

1個

重要文化財

低い脚台をもった長頸壺である。頸部には2条ごとの沈線を3段に、胴部中位には刺突文を施す。頸部から胴部上半にかけて深緑色の自然釉がかかり、それが下方へ垂れ下がっている姿は、細く締まった頸部や少し肩の張る器形と相まって大変美しい。(20040901_h011)

須恵器 脚付長頸壺をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

須恵 / / 頸部 / 古墳

関連作品

チェックした関連作品の検索