Girl Student

Details

Girl Student

Paintings / Meiji

By Kamei Shiichi (1843-1905)

Meiji era, 19th century

Color on paper

45.0×65.0

1面

明治18年(1885)に創設された華族女学校(後の学習院女子部)で「本校の生徒たる者は袴を着し、靴を穿くべし」と定められた。女子教育の普及にともなって、これを規範に女袴に洋靴という女学生の服装が普及した。

亀井至一は横山松三郎に洋画と石版画を学び、第一回内国勧業博覧会に「上野徳川氏家廟之図」を出品、その後博覧会でたびたび入選した。特に風俗画と美人画に優れ、矢野龍溪『経国美談』など小説の挿絵など幅広く活躍した。

Related Works

Search items related to work chosen