文化遺産オンライン

鼈甲釉天目

べっこうゆうてんもく

概要

鼈甲釉天目

べっこうゆうてんもく

陶磁 / 室町

瀬戸

室町時代・16世紀

高5.8 口径16.0 高台径5.0

1口

中国吉州+きっしゅう+窯で作られた玳玻+たいひ+天目を模倣し、鉄釉と黄釉を二重に掛けている。当時流行の建盞の鉄胎を意識し、露胎部には銹を塗る。G-183の天目と同じく、石川県小松市波佐谷の城館址から中国製の白磁皿などと一括して出土した。

鼈甲釉天目をもっと見る

瀬戸をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

天目 / 玳玻 / てんもく /

関連作品

チェックした関連作品の検索