黒釉天目 こくゆうてんもく

陶磁 / 室町 / 石川県 

瀬戸
出土地:石川県小松市波佐谷町出土
室町時代・16世紀
高6.9 口径11.8 高台径4.0
1口

国内における天目生産の増加は、唐物賞翫の意識の高まりと同時に、茶の受容の幅の広がりが表われている。本作は、15世紀末頃に作られたもので、建盞の鉄胎に倣って露胎部に銹を塗り、当時流行の建盞を強く意識していることがうかがえる。

作品所在地の地図

関連リンク

黒釉天目チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鼈甲釉天目
灰被天目茶碗(虹)
青磁刻花文碗
油滴天目
耀変天目
ページトップへ