文化遺産オンライン

青緑山水図

セイリョクサンスイズ

作品概要

青緑山水図

セイリョクサンスイズ

絵画

縦:114.5cm 横:40.9cm

1幅

呉春(ごしゅん:1752~1811)は宝暦二年(1752)に金座年寄役 松村嘉左衛門匡程の長男として生まれた。若い頃より俳諧、文人画に親しみ、蕪村の弟子となったが、すぐにその画才を認められるようになった。俳号を月渓と称し、天明二年(1782)に呉春と改名するまで、在白、孫石などの名を用いている。呉春と改名後、天明年間(1781~88)には円山応挙を相識るようになり、次第に画風を写生風に転じ、応挙没後は写生派の中心人物となり、四条派の祖となった。

青緑山水図をもっと見る

京都国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / 蕪村 / 応挙

関連作品

チェックした関連作品の検索