文化遺産オンライン

芋畑図

イモバタケズ

概要

芋畑図

イモバタケズ

絵画

縦:168.5cm 横:92.7cm

4面

呉春、また松村月渓ともいう。初め大西酔月に絵を学び、ついで与謝蕪村に俳諧と絵を学んだ。その頃は蕪村に倣って南画的作品や俳画を描いていたが、蕪村の死後、京都画壇を席捲していた写生派の円山応挙に近づいてゆき、この襖のような写生技法を駆使した画風を展開し、円山派と並ぶ四条派の祖となった。

芋畑図をもっと見る

京都国立博物館をもっと見る

キーワード

蕪村 / / / 応挙

関連作品

チェックした関連作品の検索