双鹿図 ソウロクズ

絵画 / 江戸 

円山応挙
制作地:日本
江戸
紙本金地著色
縦 157.2 cm 横 160.8 cm
2曲1隻

江戸時代中期の京都の画人たちが、流派を問わず、金箔や銀箔の効果的な使用法を探索していたことは知られているが、円山応挙(1733―1795)もまたその1人である。本図は、2頭の鹿が描かれているのみで、背景はすべて金箔で埋め尽くされている。鹿は応挙得意の写生技法が徹底的に駆使されており、宗達・光琳以来の装飾性と緻密な写生が見事に融合した作品である。

作品所在地の地図

関連リンク

双鹿図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

藤花図 
藤花図 

円山応挙

水草に鷺図
水草に鷺図

円山応挙

紙本金地著色藤花図〈円山応挙筆/六曲屏風〉
紙本墨画淡彩瀑布図
春日社頭鹿猿図
ページトップへ