文化遺産オンライン

仙山観花図

せんざんかんかず

作品概要

仙山観花図

せんざんかんかず

絵画

円山応挙筆 高芙蓉賛

江戸時代 安永7年(1778)

絹本著色

縦55.6 横114.3

1幅

円山応挙46歳時の大作。賛は、画の6年後、池大雅の親友である高芙蓉が、没する前月に書している。賛では、応挙の水の表現がいかに素晴らしいか、109字を費やして切々と賛美。実際、画中には滝、渓流、蛇行して流れ来る川、近景を横断する幅広の川といった具合に、様々な水の流れが設定され、藍で彩った水面に淡墨で波を丹念に描いて、浅深や緩急など水の変化を見事に表わしている。写生を重視する応挙らしい表現である。近大遠小、近明遠渋の手法を用いた遠近感の表出、安定した絵画空間、雲霞によるゆったりとした空間構成、花咲き乱れる中、釣りや歓談する文人たちの精細な描写など、応挙の高度な画技をみせる優れた作品である。

仙山観花図をもっと見る

円山応挙筆 高芙蓉賛をもっと見る

九州国立博物館をもっと見る

キーワード

応挙 / 円山 / 写生 / 表現

関連作品

チェックした関連作品の検索