文化遺産オンライン

桜西行蒔絵硯箱

さくらさいぎょうまきえすずりばこ

作品概要

桜西行蒔絵硯箱

さくらさいぎょうまきえすずりばこ

漆工 / 江戸

江戸時代・18世紀

1合

蓋表に満開の桜と、その下に憩う老僧の姿を描く。いわゆる花見西行の図である。西行法師の桜の花によせる思いは深く、蓋表の図柄も有名な「ねがはくは花の下にて春死なん そのきさらぎの望月のころ」(『山家集』)などの歌意に拠ったものであろう。

桜西行蒔絵硯箱をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

硯箱 / 蒔絵 / / すずり

関連作品

チェックした関連作品の検索