文化遺産オンライン

蛇籠千鳥蒔絵硯箱

じゃかごちどりまきえすずりばこ

作品概要

蛇籠千鳥蒔絵硯箱

じゃかごちどりまきえすずりばこ

漆工 / 江戸

江戸時代・18世紀

木製漆塗

高5.0 縦24.2 横24.2

1合

蓋表から蓋裏、見込みにかけて、宇治川など川辺の情景を描いた硯箱。金銀の平(ひら)蒔絵と螺鈿(らでん)に厚い鉛板や銀の板を大胆に交えた表現や、通常添景として用いられるにすぎない蛇籠をクローズアップしてとらえた意匠感覚などに、尾形光琳の蒔絵の特色が受け継がれている。

蛇籠千鳥蒔絵硯箱をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

硯箱 / 蒔絵 / / すずり

関連作品

チェックした関連作品の検索