文化遺産オンライン

葡萄芒蒔絵硯箱

ぶどうすすきまきえすずりばこ

作品概要

葡萄芒蒔絵硯箱

ぶどうすすきまきえすずりばこ

漆工

日本

江戸時代前期

木製漆塗

24.0×23.0×5.5cm

1

この硯箱は方形、四隅の丸い被せ蓋造りで、甲が盛り上がった形をもつ。蓋表は、黒漆塗りに、葡萄を切金で、葉を金蒔絵で施している。左上方から斜め下方へ向かう葡萄図は、絵画的な自由さを失わず、見事に意匠化されている。蓋裏は、鉛の金具であらわした月が、芒の群れとともに表現され、散らされた梨子地の蒔絵を背景にして秋の詩情を奏でている。

葡萄芒蒔絵硯箱をもっと見る

公益財団法人 東京富士美術館をもっと見る

キーワード

硯箱 / / 蒔絵 / すずり

関連作品

チェックした関連作品の検索