文化遺産オンライン

花蝶密陀絵膳

かちょうみつだえぜん

作品概要

花蝶密陀絵膳

かちょうみつだえぜん

漆工 / 江戸

江戸時代・19世紀

方32.6 高3.6

5枚

 見込みには、漆絵と密陀絵、金平蒔絵を用いて、梅と笹・椿・百合などに蝶の図を表わす。江戸時代後期には、漆では出せない微妙な色合いや鮮明な発色が得られるところから、桐油などに顔料を混ぜて文様を描く、密陀絵の技法がよく用いられるようになった。

花蝶密陀絵膳をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

陀絵 / / / 技法

関連作品

チェックした関連作品の検索