Tables, Flower and butterfly design in litharge painting

Details

Tables, Flower and butterfly design in litharge painting

lacquer work / Edo

Edo period, 19th century

方32.6 高3.6

5枚

 見込みには、漆絵と密陀絵、金平蒔絵を用いて、梅と笹・椿・百合などに蝶の図を表わす。江戸時代後期には、漆では出せない微妙な色合いや鮮明な発色が得られるところから、桐油などに顔料を混ぜて文様を描く、密陀絵の技法がよく用いられるようになった。

Related Works

Search items related to work chosen