文化遺産オンライン

双孔龍文鏡

ソウコウリュウモンキョウ

作品概要

双孔龍文鏡

ソウコウリュウモンキョウ

考古資料

1面

文様などから、春秋時代後期、ほぼ紀元前5世紀頃に製作されたと考えられる。黄味を帯びた青銅を用いており、周縁がややいびつで、鏡面にかなり凹凸がある。これらも、この時期の銅鏡に共通して見られる特徴である。鈕(紐掛け)は作られておらず、かわりに周縁に近い部位に円孔が2つ、鋳造後に穿たれている。

双孔龍文鏡をもっと見る

京都国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 文様 / 紀元前 /

関連作品

チェックした関連作品の検索