文化遺産オンライン

華厳経巻第三十三残巻(二月堂焼経)

ケゴンキョウカンダイ33ザンカン(ニガツドウドウショウキョウ)

概要

華厳経巻第三十三残巻(二月堂焼経)

ケゴンキョウカンダイ33ザンカン(ニガツドウドウショウキョウ)

縦:22cm 横:387.9cm

1巻

紺紙に銀字で書写された『華厳経(六十巻本)』の残巻。一般に「二月堂焼経」と呼ばれ、寛文七年(1667)二月十四日の東大寺二月堂炎上の際に、焼け出された写経。火難に遭っても、変わることのない独特の白い輝きをみせる経文がすばらしく、俗に「プラチナ経」とも呼ばれている。

華厳経巻第三十三残巻(二月堂焼経)をもっと見る

京都国立博物館をもっと見る

キーワード

華厳経 / / 写経 / 焼経

関連作品

チェックした関連作品の検索