華厳経 巻第五十二残巻(二月堂焼経) けごんきょう

その他の画像全2枚中2枚表示

 / 奈良 / 日本 

日本
奈良時代
紺紙銀字
縦22.7㎝ 長458.2㎝
一巻
東京都港区南青山6-5-111
根津美術館
重要美術品

紺地銀地の「二月堂焼経」の残巻で、経の天地に焼痕をのこす。赤褐色の焼痕はみるからに傷ましいが、紺紙との対照が独特の雰囲気をもち、隆盛をみた天平期写経中にあってもことさら珍重される。なお二月堂炎上の顛末については、江戸時代の『続史愚抄』に、次のように記されている。

作品所在地の地図

関連リンク

華厳経 巻第五十二残巻(二月堂焼経)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

華厳経 巻第四十六(二月堂焼経)
華厳経巻第三十三残巻(二月堂焼経)
華厳経(二月堂焼経)
紺紙銀字華厳経巻第九断簡(二月堂焼経)
華厳経 乙巻(二月堂焼経)
ページトップへ