文化遺産オンライン

海辺

うみべ

作品概要

海辺

うみべ

大正

黒田清輝筆

大正2年(1913)

板・油彩

26.5×35.0

1面

黒田は山よりも海を好み、季節や気象によって様々に変化する風光に興味を持っていた。船体の半分をトリミングして近景に描くことで広やかな空間を表現している。こうした空間表現は浮世絵にも見られ、また、フランスの印象派にも受容された。

海辺をもっと見る

黒田清輝筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

黒田 / 印象派 / 清輝 / 画家

関連作品

チェックした関連作品の検索