子持勾玉 こもちまがたま

考古資料 / 古墳 

6世紀 古墳時代
蛇紋岩製
1:長7.8 中央幅5.9 頭部厚1.6 中央厚3.9 尾部厚1.4 2:長6.7 中央幅2.4 中央幅3.8 尾部厚0.7
2点

子持勾玉とは大型の勾玉周囲に小さな勾玉を付けた形状をなすが、何を形象したかが明らかでない。大型品は独立した背玉4個を持ち親玉から鰭状の扁平な板を作り出し、それを成形して4つの子玉を作る。小型品は親玉が三日月形で両端が尖り、背玉は2個が中央に集約する。本品は型式学的な特徴から6世紀に製作されたと推定される。

作品所在地の地図

関連リンク

子持勾玉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

勾玉形石製品
子持勾玉
短冊形斧形石製品
中沢遺跡出土祭祀関連遺物一括
熊野神社裏遺跡出土子持勾玉
ページトップへ