文化遺産オンライン

石斧

せきふ

作品概要

石斧

せきふ

考古資料

出土地:青森県東半

縄文時代 10000年前~2300年前

石製(緑色岩製)

長22.8 幅6.5 厚3.0

1個

側面に大きな板石を擦切って分割作製した痕跡を残すことから、擦切石斧と呼ばれる。擦切石斧は、新石器時代の極東ロシアや縄文時代から続縄文時代の主に北海道から東北北部に分布し、縄文時代後期の九州にもみられることから、大陸との広域交流の可能性を示す石器と考えられている。石材は、北海道産の緑色岩と推定される。

石斧をもっと見る

九州国立博物館をもっと見る

キーワード

翡翠 / 縄文 / / 緑色

関連作品

チェックした関連作品の検索