文化遺産オンライン

江馬細香詩稿(湘夢詩稿)

エマサイコウシコウ(ショウムシコウ)

作品概要

江馬細香詩稿(湘夢詩稿)

エマサイコウシコウ(ショウムシコウ)

縦:24.3cm 横:16.2cm

1帖

江馬細香(1789~1861)は、幕末の女流画家・詩人。大垣の侍医江馬蘭斎の次女。 墨竹を玉<☆にすい+(隣-こざとへん)☆>和尚に、六法を浦上春琴に学んだ。頼山陽・梁川星厳・村瀬藤城らと親交があり、特に山陽は細香をめとらんとしたが、父蘭斎の拒絶にあって、これを断念したと伝える。

江馬細香詩稿(湘夢詩稿)をもっと見る

京都国立博物館をもっと見る

キーワード

江馬 / / /

関連作品

チェックした関連作品の検索