文化遺産オンライン

筏井竹の門画賛「白菜図」

いかだいたけのかどがさん「はくさいず」

作品概要

筏井竹の門画賛「白菜図」

いかだいたけのかどがさん「はくさいず」

日本画 / 大正 / 富山県

筏井竹の門  (1871~1925)

いかだいたけのかど

富山県高岡市

大正9年12月/1920年

紙本・軸装・墨画淡彩,墨書

縦136.3cm×横22.2cm

1幅

富山県高岡市古城1-5

3-01-01-55

高岡市蔵(高岡市立博物館保管)

竹の門の描いた白菜と、自らの賛(画に添える詩文、俳句等)が書かれる。
「限りなき時の中より年々の/年の終りの惜しくもあるかな/大正九年師走 竹の門生(朱文方印「虎」)」。

筏井竹の門画賛「白菜図」をもっと見る

筏井竹の門をもっと見る

高岡市立博物館をもっと見る

キーワード

筏井 / / 高岡 /

関連作品

チェックした関連作品の検索