ヒポクラテス像 ひぽくらてすぞう

絵画 / 江戸 

天保11年(1840) 江戸時代
絹本墨画淡彩
縦110.3 横41.7
1幅

江戸時代の文人画家・渡辺崋山筆。崋山と交流のあった浅井家伝来のもの。西洋医学の祖と仰がれたヒポクラテスの胸像を、要を得た陰影法によって写実的に描いている。崋山の洋学者としての一面を伝えている。江戸時代の学問、特に洋学の普及を象徴する作品として貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

ヒポクラテス像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鷹見泉石像
鷹見泉石像

渡辺崋山筆

佐藤一斎(五十歳)像
蘇武図
蘇武図

渡辺崋山筆

佐藤一斎(七十歳)夫妻像
絹本著色佐藤一斎像〈渡辺華山筆/〉
ページトップへ