佐藤一斎(五十歳)像 さとういっさい ごじっさい ぞう

絵画 / 江戸 

渡辺崋山筆
江戸時代・文政4年(1821)
絹本着色
80.6×50.2
1幅
重要文化財

 佐藤一斎(1771~1859)は幕末を代表する儒学者で、渡辺崋山も門人のひとり。本図は、50歳の一斎を描いたもの。一斎の女婿、河田迪斎家に伝来した。後年、崋山の弟子椿椿山も、一斎70歳の誕生日に招かれて夫人とともに端座する夫妻像を描いている。    ルビ:つばきちんざん かわたてきさい(2007/11/20_h082)

作品所在地の地図

関連リンク

佐藤一斎(五十歳)像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

佐藤一斎(七十歳)夫妻像
絹本著色佐藤一斎像〈渡辺華山筆/〉
霊亀二大字
霊亀二大字

佐藤一斎筆

佐藤一斎夫妻像(一斎八十歳)
八十歳誕辰七言律詩
八十歳誕辰七言律詩

佐藤一斎筆

ページトップへ