文化遺産オンライン

霊亀二大字

れいきにだいじ

作品概要

霊亀二大字

れいきにだいじ

/ 江戸

佐藤一斎筆

江戸時代・弘化2年(1845)

紙本墨書

1幅

 佐藤一斎は幕末の儒者。美濃の人。林家の塾頭、幕府の儒官となり、佐久間象山・渡辺崋山ら多数の門人を育てた。落款から一斎の74歳の筆と知られる。「霊亀」は「神妙な亀・神霊明鑑の亀」という意味で、明徳に喩えられる。遺墨中の傑作といえよう。   ルビ:じゅかん しょうざん かざん たと(2005/06/21_h082)(2009/11/17_h082)(131112_h082)

霊亀二大字をもっと見る

佐藤一斎筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

一斎 / Issai / Sato / 佐藤

関連作品

チェックした関連作品の検索