佐藤一斎(七十歳)夫妻像 さとういっさい ななじゅっさい ふさいぞう

その他の画像全2枚中2枚表示

絵画 / 江戸 

椿椿山筆
江戸時代・天保12年(1841)
絹本着色
1242×545
2幅

幕末の儒学者として名高い佐藤一斎とその妻を描く。西洋画法を取り入れた繊細な筆遣い、陰影法による顔の描写など、師である渡辺崋山の画風を受け継ぎつつも、線描は柔らかになり、彩色も温和な表現となっている。椿山の独自性を示す肖像画の1つである。

作品所在地の地図

関連リンク

佐藤一斎(七十歳)夫妻像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

佐藤一斎(五十歳)像
絹本著色佐藤一斎像〈渡辺華山筆/〉
根津宇右衛門像
根津宇右衛門像

椿椿山筆

佐藤一斎夫妻像(一斎八十歳)
八十歳誕辰七言律詩
八十歳誕辰七言律詩

佐藤一斎筆

ページトップへ