陸奥奇勝図巻 むつきしょうずかん

絵画 / 江戸 

寛延2年(1749) 江戸時代
紙本墨画淡彩
縦31.7 長677.7
1巻
重要文化財

日本の文人画「南画」を大成した池大雅(いけのたいが:1723〜76)が陸奥国の松島の景勝を描いた作品。清らかな風景の描写には、松島に遊んだ若き画家のみずみずしい感性があふれている。旅の翌年である寛延2年(1749)に、やはり旅先の金沢で描かれたものである。

作品所在地の地図

関連リンク

陸奥奇勝図巻チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紙本淡彩陸〓奇勝図〈池大雅筆/〉
重要文化財 富嶽列松図
紫陽花郭公図
紫陽花郭公図

与謝蕪村

若竹図
若竹図

与謝蕪村

松島真景図巻
松島真景図巻

小池曲江

ページトップへ