短冊(小林一茶筆) たんざく

 / 江戸 

小林一茶 (1763~1827)
こばやしいっさ
江戸後期/18~19世紀
紙本墨書
35.4×5.1
1枚
岸和田市

白地に藍・朱で花文を散した料紙に「雪解てさのみ用なき山家哉」の句を記す。小林一茶は、貧しい農村の現実を題材にした俳句を多く残し、通俗化した化政期俳壇にあって異彩を放った。

作品所在地の地図

関連リンク

  • 岸和田市立郷土資料館

短冊(小林一茶筆) チェックした作品をもとに関連する作品を探す

小林一茶の書 貼り交ぜ軸
小林一茶の書 貼り交ぜ軸

小林一茶 ほか

自画賛
自画賛

小林一茶筆

小林一茶書
小林一茶書

小林一茶

短冊(伊達政宗筆)
短冊(伝、後円融天皇筆)
短冊(伝、後円融天皇筆)

伝、後円融天皇

ページトップへ