骨箆 こつべら

考古資料  骨角・牙・貝製品類 / 縄文 / 日本  東北  宮城県 

縄文時代
鹿の中足骨
長さ11.6cm
1点
泉沢貝塚

鹿の中足骨を半分に割って整形したもの。土掘りなどの他いろいろな用途に使われたと考えられている。長さ11.6cm。縄文時代。北上町泉沢貝塚。

作品所在地の地図

関連リンク

骨箆チェックした作品をもとに関連する作品を探す

骨針
ペンダント
釣針(つくり方)
やじりが刺さった獣骨
銛頭
ページトップへ